まさか電気自動車を所有するとは(≧∇≦)

今回入庫した車は、唯一の軽自動車枠での電気自動車、三菱i‐MiEVです。元々、ガソリンエンジンの『i』のドライブフィールはとてもよく、さすがリアエンジンリアドライブの車だけのことはあるな…と感心した車でした。また、パワーもあり乗っていてストレスを感じない車でした。それとグッドなのはエクステリア、インテリアともデザインがいいこと。実は、ボク個人的にはもう少しツメてもらいたかったのが本音なところですが、んじゃ他の軽自動車でこれよりまともなものがあるのか?と聞かれればそれほど候補に上がる車もないのが現状だからこれでも満足しなきゃいけません!

i-MiEV タイプM

ちょっと脱線しましたが、そんなグッドな車に電気自動車がラインナップされたときは驚きでした。

『まともに走るのかな?』
『航続距離は?』
『まだ時期早いでしょ!』

などなど色んな不安要素も頭の中をよぎったものです。でも知人がi‐MiEVを買って乗せてもらったときは、あまりにもスムーズな加速感と速さには改めて驚いたものです。

『所有してみたいな…お金があれば…』

そう。i-MiEVは国の補助金を受けたとしてもまだまだ高嶺の花だったのです。(買った人は本当にエライ!)

メーターは電気自動車臭がプンプン(^o^)

このたび所有することが出来たi-MiEVは『M』というグレードなので、満充電で100㎞ほどの航続距離が得られます。ただ、現実的にはエアコンやヒーターを使用しながら走ると70㎞ほどの航続距離が現実的となります。ただ今現在、電気自動車は日産リーフを中心に増え始めて、結果的に充電ステーションも増えてきました。(充電ステーションに寄りながら遠距離も不可能ではなくなってきました)価格もこなれてきた電気自動車を体験するには今がチャンスかもしれないですよ! (ちなみに新しく発売されたi-MiEVは軽自動車ではなく普通車登録になったようです)

走りは異次元なもの。

改めて乗ってみた印象。

『静かで速い!』
『滑らか!』
『乗り心地も悪くない』
『コーナーが意外に楽しい!』

航続距離の問題がクリアできる人は超おすすめな車!
価格もこの距離では全国トップクラスの安値だと思いますよ!あ、付属品としてと買うと高い『パワーボックス』とEV充電用AC200v5m用と10m用があります。

車選び.comをご覧くださいね(^o^)

 

キリキリ酒井

ダイハツミラ子

5年前の新年明けてすぐに静岡の某中古車屋に赤いシャレードを見に行ったとき、外に放置してあった初代ミラと遭遇。外装は錆び錆びだったけど、内装が綺麗で可愛くて… んでお店の人にエンジン掛けてもらったら思ったより静かで…エアコンの効きは確認はできなかったけど付いていて、『あ、この子も買って帰ろう』って瞬時に判断しちゃった(笑)もちろんいきなり決めれたのは長年の経験からくる直感っていうやつでしょうか?おかげさまで今も元気に走っております!

バランスの取れた良いお顔。

それにしても誰も興味が沸かない車を買ってしまう悪い癖、どうにかならないかなぁ。。。

あ、ヤフオク出品中です(^^)/
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w256772535

キリキリ酒井

 

 

カテゴリー : 日本車

投 稿 日 : 2018年9月15日

完璧なんてない。

完璧な人間なんていない。誰もが欠点を持っている。ただ人間ってゆうのは相手に対して簡単に完璧を求め、問題があると簡単に不平不満を口にしてしまい、また聞かされた人は大してその人のことを知りもしないクセにそれを鵜呑みにしてしまう。

1986 Honda City Topics

クルマだってそうだ。完璧な車なんて存在しない。旧車なんて欠点だらけだ。でもせっかく一目惚れしたのなら欠点が可愛く思えるくらい愛して欲しい。乗りもしないで雑誌の受け売りや他人の言葉で簡単に踊らされたり判断してほしくはないのだ。

キリキリ酒井

忘れ去られたクルマ。

昭和かと思えば昭和でない…そんな平成初期の車が好きだ。(もっと正確に言えば平成初期までの車が好きなのかな) 平成6年(94年)あたりから安全基準や環境問題の強化からエアバックが標準化されたりエアコンが134a化されたり、僕の趣味で言えばダッシュボードのデザインも大きく変わった気がする。良く言えば近代化された、悪く言えば魅力が無くなった入り口にあたる年。

懐かしいトヨタコルサ

実は見た目だけでなく、乗り味もこの年を境に大きく変わった気がする。その理由はハッキリと分からないが、車重や環境問題によるエンジン特性の変化もあったのかな?昭和50年、排ガス規制を境により魅力が無くなった国産車たちを思い出す。

細いハンドルイイね(^o^)

このなんのことはないこのトヨタコルサもそんな中途半端な時代に生まれたクルマだけど、エアバッグがないハンドルや物が置けるダッシュボードなど実に懐かしく楽しく感じる。そして『ハイメカツインカム』なんて呼ばれたエンジンも意外とパワフルで悪くないのね。

そうだまだまだ大切に乗っていこう(^o^)

 

キリキリ酒井

広告撮影。

新入庫シティの撮影でいい光を求めてあっちらこっちらブラブラ。早朝は影が入り込むため撮影が難しい。でも早朝しか時間が無いのだよ〜(´∀`)

誰かいい写真撮ってくれるの手伝ってくれないかな…(バイト代支払います)

キリキリ酒井

ホンダシティトピックス入庫!

『FF(前輪駆動)の旧車は価値が出ない』と言いながらホンダの旧車にはどうしても目が行ってしまう。ましてや初代シティとなればなおさらだ。ホンダというメーカーが早い時期からFFの小型車を世に出してたこともあり(ヨーロッパ車に近い感覚)気持ち的に安心感があるのかな。(これがトヨタや日産とか他のメーカーだとだいぶ感覚が違ってくる)

昭和61年式(後期型)非対称グリルが魅力的

そんな入庫したてのシティだけど、普通の人やショップがこれをみたら、おそらく極上品とアナウンスして売ってしまうだろう。(ヤフオクだったりしたらなおさら)僕も決して程度が悪いと思って買ったわけじゃないが、でもいざ仕上げようとすると色んな粗が目立ってきて売り物にするにはそこそこの仕上げをしていかなくちゃ!と思う。

先日も仕上げの感覚のユーザーとの温度差について話したけど、今回も仕上げる前に興味がある人は見にきて欲しいね。このまま時間が経ったらおそらくどんどん仕上げていって価格も高くなってしまうからね^^

 

キリキリ酒井

カテゴリー : 日本車

投 稿 日 : 2018年1月13日

2台のホンダ車。

暑い日が続きますがいかがお過ごしですか?
ウチはと言いますと、毎年エアコンのトラブルが増えてくる季節もあり
ピットも満タン状態です。

そしてそんな中、
『夏になんか乗ってられねぇ~』
といった車たちも入庫してきます。
そう。それは修理ではなくて
『私の車、売ってくれませんか?』
という委託販売車です。

今回、昭和47年のホンダライフ360昭和63年のホンダレジェンドクーペ2700
この時期に合わせたように入庫してきました。

ホンダライフ。水冷2気筒エンジンです。

ライフに関してはそこそこの整備済みのお車で車検も残っていますから
すぐに乗り出すことが出来る車ですが、レジェンドは2年ほど放置プレーをしていた車で、
エアコンのガス抜け、そしてナンバーは抹消してある状態です。
ただ、仮ナンバー付けて試乗したところ機関の状態は良好っぽいですね^^

レジェンドクーペ2700。美しいです。

興味のある方は是非2台のホンダ車を見にいらしてくださいね!

キリキリ酒井

カテゴリー : 日本車

投 稿 日 : 2017年7月17日

幸せの黄色いシャレード

時間が掛かりましたが、
黄色い初代シャレードのヘッドO/H完了しました。

dsc01929
まだまだ楽しめる車だと思いますので、
全国の皆様冷やかしでも構いませんので見にいらしてくださいね!

dsc01927

車選び 初代シャレード

キリキリ酒井

カテゴリー : 日本車

投 稿 日 : 2016年9月11日

ホンダN360スーパーDX入庫!

価格応談とくりゃそりゃ幾らか知りたいよね。それが人情ってもの。でもそう簡単に伝えられない車もあるのだ。それはお客様によって納め方が何通りも あるから。安いからって見に来ないで買われるのも困るし、見もしないで高いと思われるのも困る。

ナンバーに注目!
ナンバーに注目!

今日も『価格が分かんなきゃ怖くて見に行けねーじゃねー か!』なんてお客さんが居たけれど、気持ちは分かるけどそれは違うでしょ!数が少ない旧車はいっぱい見た方が基準が出来るし、一緒に車を見てどうゆう納め 方するか相談してから価格決めなきゃww

車選び.com N360

委託販売車に付き、価格応談になります(^o^)

 

キリキリ酒井

カテゴリー : 日本車

投 稿 日 : 2016年9月7日

N360走行動画with江ノ電

修理の終わったホンダN360で
早速、江ノ電沿いを走ってみました!
小さいっていいですねww

360って本当に日本の宝だと思いました^^

キリキリ酒井

カテゴリー : 日本車

投 稿 日 : 2016年9月6日