2台のホンダ車。

暑い日が続きますがいかがお過ごしですか?
ウチはと言いますと、毎年エアコンのトラブルが増えてくる季節もあり
ピットも満タン状態です。

そしてそんな中、
『夏になんか乗ってられねぇ~』
といった車たちも入庫してきます。
そう。それは修理ではなくて
『私の車、売ってくれませんか?』
という委託販売車です。

今回、昭和47年のホンダライフ360昭和63年のホンダレジェンドクーペ2700
この時期に合わせたように入庫してきました。

ホンダライフ。水冷2気筒エンジンです。

ライフに関してはそこそこの整備済みのお車で車検も残っていますから
すぐに乗り出すことが出来る車ですが、レジェンドは2年ほど放置プレーをしていた車で、
エアコンのガス抜け、そしてナンバーは抹消してある状態です。
ただ、仮ナンバー付けて試乗したところ機関の状態は良好っぽいですね^^

レジェンドクーペ2700。美しいです。

興味のある方は是非2台のホンダ車を見にいらしてくださいね!

キリキリ酒井

カテゴリー : 日本車

投 稿 日 : 2017年7月17日

エンジンあるある。

排気量が大きいほうが楽しいとは限らないハナシ。パンダで言えば1100《 1000だしイプシロンで言えば1400《 1200などなど。

Yの1.4はダメダメよーん(^_^)

また、レアネタだとカッパの2.4よりリブラの2.0の方がフィーリングが良い。バルケッタやプントHGTのエンジンはフィーリングが良くない。ここだけのハナシね(^。^)

 

キリキリ酒井

ダマされるな。

いきなり変なタイトルですみません!

206SWも悪い車じゃ無いんだが…

フランス車って言うだけでシートや足回りが良く乗り心地もいいと思ってる方、間違っていますよ!特に少し古いフランス車は椅子がいいからダマされちゃうんです。ブッシュがヘタってるフランス車なんて低速時でのガタガタがスゴくて乗っていられませんです(=´∀`)

キリキリ酒井

お初のお客さま。

お客様の事情により他所の工場からウチに来たアルファロメオ2000ベルリーナ。

昔のアルファはインパネがカッコいいです(^.^)

自分で乗ってたこともあり慣れ親しんでるジュリア系だけど、お客様の感覚と自分の感覚は違うわけでそれをどう納得してもらい修理に漕ぎ付けるかがお初のお付き合いの方との課題ですね(^。^)

 

キリキリ酒井

セレクタと共に。

自分の足車として使い始めて早2週間。Myパンダセレクタ、今のところ好調です(^。^)  『パンダ乗るならマニュアルでしょ!』としか思ってなかった自分でしたが、オートマでも実に楽しい。

そもそもセレクタに乗ろうと思ったのは、あるお客様のセレクタの不調がキッカケでした。『そうだ!自分で乗って故障に立ち向かってセレクタの故障に役立てるしかない!』なーんて偉そうなこと言ってますが正直、僕も不安ではありました。

ま、これからの故障をお楽しみに(^。^)

 

キリキリ酒井

BX部品いろいろ。

地味に各部のリセット作業の準備をしているシトロエンBX16TRSですが、フロントガラス、タイベル、テンショナー、ウォーターポンプ、サーモスタットなどの主要の部品が揃ってきました。

ガラスは国内最後の一つでした^^

現在は板金工場にて一部塗装仕上げしていますが、それが終了次第、機関の仕上げに入ります。Facebook《GATTINA》には前オーナーの走行記録の画像(66枚ほど)をUPしていますので機会があったらご覧ください。

車高を上げると滑稽な姿ですね^^

車選び.comにも広告載せていますのでご覧くださいませ!

キリキリ酒井

無駄な自動車税は…

6月で車検が切れる2台の車を自動車税がもったいないから抹消登録します。こうやって細かくやっていくのが節約に繋がる中古車業ね(^。^)

江ノ島の気ままな猫たち

キリキリ酒井

中古車を仕上げること。

新しい車が入庫したんですが悩んでいます。プジョー306は非常に端正で美しい車です。カブリオレになって更に美しい姿に見えるのはさすがピニンファリーナの力によるものが大きいですね。ただ、この美しいカブリオレが人気が上がってこない。5ナンバーサイズで大人4人が乗れるオープンカーって今となってはそうはありません。何故か?それは不人気というよりも、レストアとまではいかなくてもキチンとリフレッシュして販売してるショップが少ないこと、部品の作りの悪さが評判となり不安で手を出せないんでしょうね。

安そうに見えない車なんですけどね (笑)

この現車もいくつかの不具合を抱えているので仕上げていくか現状で販売しちゃうか悩んでいます。本当は僕らショップが安心して乗れる車を作り上げて行かなければエンドユーザーにも伝わらないのも分かってるのに仕上げられないのは情けない限りです(=´∀`)

キリキリ酒井

横浜陸事名変。

H様のプジョー206の名義変更が無事完了しました!実を言うとそんなに無事ではなく、譲渡証入れ忘れてしまい再び店に取りに戻ったので本日2回目の横浜陸事でございました。再チェックを怠ってはいけませんね(T ^ T)

キリキリ酒井

カテゴリー : 売約済車

投 稿 日 : 2017年6月28日

店の名前。

おはようございます。朝少し手が空いたので昔の話を。

ウチの店の名前、’GATTINA’はそもそもイタリア語で日本語に訳すと『可愛いメスの仔猫ちゃん』っていうことはご存じだったでしょうか?もともとネコ好きでもありこの名前のほかに色んな候補がありました。僕自身が「気まぐれな猫」が好きだということもありそれをイタリア語で表そうと思い調べたら『capriccio』(カプリッチョ)でどっかのイタリア料理やとダブってしまい断念したり(ちなみにフランス語だと caprice(カプリス)でこれまたどっかの車と同じになった 笑) 野良猫、ヤマネコという意味のある『wildcat』(ワイルドキャット)なんて名前も候補に挙がったけど、アメ車やるわけじゃないしあまりにもベタだからやめました(笑) その他、イタリア辞書見てて名前の響きがいいなって思った単語『Volgare』(ヴォルガーレ)を使おうと思い意味調べてみたら『下品』だったり…(ま、それも悪くないな。と思ったり 笑)

結局、飼ってる猫は大きいオス猫になってしまった 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、好きなイタリアの車を扱うならイタリア語の名前を付けたいし、『猫』という言葉も入れたかったのでいくつかの候補の中から今もお客様であるS・Nさんの勧めもあり「小さい車が仔猫のように走り回ってくれれば…」という意味をこじつけて『GATTINA』に決定したのでありました。ま、どっちにしても車とは全く関係ない言葉を付けたかったのは間違いありませんね(笑) でも僕がこの店舗名に決めようと思ったのは世界的にもこの名前の店は検索しても出てこなかったからなんですが、今はGATTINAって名前の店が数店舗ありますね。よく他所と同じ店名を付けられるもんだなぁ・・・僕だったら絶対そんな名前選びませんけどねww

来年で20周年を迎えるガッティーナを今後ともよろしくお願いいたします^^

キリキリ酒井