アドレス帳

前から感じてたことを少しひとりごと。

朝方、何気なく携帯のアドレス帳を開いてみた。
800人以上のデータが入っていて、
正直誰だか思い出せない人が多数いた。
縁があって知り合い、アドレスにも載っているんだとは思うけど、
遠縁になちゃう人っていっぱいいるのね…

なんか少し寂しく感じた今日の朝。

キリキリ酒井

中古車屋からみた中古車のハナシ

世の中、中古車のオンパレード。
Goo-netには387,337台
カーセンサーnetには394,347台
クルマ選び.comには139,875台
(H28/8/13現在)
の中古車が溢れかえっています。

価格なんて表面的なもの。
価格なんて表面的なもの。

購入したい中古車を絞り込むのに一番良いのは、候補車を一台一台見ていき価格と程度が納得するレベルの車を見つけること。但し、現実的にはプロでも難しい。現在の状態は把握できても納車後にやってくる故障など神のみぞ知るからである。そこで大事なのはやはり過去の修理履歴がわかること。そう。整備記録簿もしくは整備納品書があることが望ましい。昔、先輩がこんなことを言っていた。『整備記録簿のない5万キロの中古車より整備記録簿のある10万キロの車を信じろ!』と。つまり整備内容が分からない車は距離が合ってるか?も分からないし、今後の整備方針を立てにくい。逆に整備記録簿のある車は今後の整備方針も立てやすいし、何よりも大切に扱われた感が伝わる。

専門的な知識を持ってるか?が大事。
専門的な知識を持ってるか?が大事。

ちなみに中古車の売り方には大きく分けて2つに分かれます。

個人から購入
業者から購入

個人から購入の場合はもちろん保証などはないだろうが、価格が安かったりしてお買い得感を感じる場合があります。但し、無責任な売り方も目立ちトラブルも後を絶ちません。

業者から購入の場合はいくつかのパターンがありますね。

現状販売(見たままの状態で個人売買に近い)
整備販売(何をやるかはショップ次第)

この整備販売が曲者で、何をやって納めてくれるのか不透明な場合が多い。そしてその作業内容が中古車の状態を決めるといって過言ではないです。ちなみに車検のみを取得して50万円で乗り出せる中古車があったとします。ただ現実として、より良い状態にするためにはあと20万円の整備費を掛けたほうがいいと判断したショップは乗り出し価格を70万に設定しました。ただこの価格を見たユーザーは単純に『他所よりも高い!』と感じてしまうでしょう。ただ、高い安いの判断は個人的なものですし、しばらく乗ってからなら判断出来ることでしょう。車にとってもユーザーにとってもこういう買い方をしたほうがいい場合もありますし、逆に何もしないでいいから安いほうがよいというユーザーさんもいるでしょうから。

DSC00920

中古車屋の視点から言えば、プラス費用が掛かっても追加整備を受け入れてほしいし、逆に現状でどこまでの整備をしてから渡してくれるのか?聞いて欲しかったりします。それにしても中古車の買い方は一台一台違うので本当に難しいですね。

キリキリ酒井

 

 

 

努力します。

正午のひとりごと。

昔の自分は、少し努力すればクリア出来そうなことに関しては、とにかく頑張れた性格。そう。とにかく『負けず嫌い』だった。高校の時はマラソン。(短距離はまったくをもって才能無しなのを知っていた)最後にゴボウ抜きしてトップでゴールするのが快感だった。大学入る前の新聞奨学生時代は誰よりも早く配達から戻ってきたかったし、集金のノルマの棒グラフはいつもトップじゃなきゃ嫌だった。(但し、これ以上の努力が出きないくらいにいつもヘトヘトだった…)

ただ、就職してからはあまり努力をしたことがない。バブルの時期も手伝ってか販売台数はさりげなくトップをキープし続けたし、現在に至ってもそれほどの努力をした記憶がない。すっごく楽に自分の好きなことができていた感じ。

DSC04156

ただ、最近になって『負けず嫌い』な性格が現れ始めてきた。

ということで最近、

『チクショー!!』

なんて汚い言葉を吐いてます(笑)それは『見栄っ張りで負けず嫌い』な俺の性格が「この状況じゃいかん!」という何かの限界を経験してしまったからであろう。販売車や販売方法の拘りもあるし、どこからの追従も許さない意地とプライドもある。

誰かの揚げ足を取ったり、蹴落としてまで上へ登ろうとは思わない。あくまでもマイペースで自己満足を手に入れよう!

少し努力を始めますww

諦めない。

時に部品が無く
時に価値が無く
時に技術が無く
時に予算が無く

 

Yのミッション修理の図。
 

デファレンシャルに問題がありました。
修理を諦めそうになるけれど、
粘り強く色んな可能性を考えてみたり
考えてもらったりしながら
一台の車が廃車にならないで済みます(^_^)


キリキリ酒井

フランス車祭り

プチご無沙汰してました。
早いもので10月に入ってしまいましたね。
でもまだ夏気分というか衣替えが出来てなくて半袖短パンなオレです(笑

ここ最近、修理はフランス車、在庫もフランス車ばかりの状況が続いています。
修理は205、206、4、2CV。。。
在庫はXM、BX、エグザンティア、シャンソン、ルーテシア。。。

DSC03897DSC03319正直言うと、一時代前の車ばかりのラインナップ!
んで残念なのはGATTINAという折角のイタリア語を店の名前で使ってるのに
イタリア車の在庫はパンダCLとアルファスッドスプリントのみ…

DSC03482DSC00323どうにかしてイタリア車の在庫を増やしたいと考えてる今日この頃です。

あ、カーセンサーの在庫が5台しかUP出来なかったのが
10台載せられるようになりました!
カーセンサーファンの皆さん!在庫のUP、今しばらくお待ち下さいませ!

 

キリキリ酒井

くるまくるまくるま

あ~~自分の車が欲しい!
いや、会社の車は全部自分のだから
好きなの乗ればいいんだけど、
ぶっちゃけ普段の足にしたくない車もある。

会社の車の中で『どれを乗るか?』と考えた時、
『一番売れなそうな車に乗ろう!』と決めている。
その心は、自分で長く乗ろうと決めて色々手を加えてじっくり楽しもう!
って思った車が、乗り始めたとたん、お客さんに売れちゃったら寂しいじゃん(泣)
事実、そーゆーケースが多かったんだよね。。。

実は、以前乗っていて、距離が増えすぎちゃうからって
一旦降りたシャレードとXMがまだ売れ残ってるのよね…
どっちかをもう一回乗りなおさなきゃダメかなぁ。。。

ま、こうやって『何乗ろうかな?』って考えてる時が一番楽しいんだよねww

 

キリキリ酒井

毎月バタバタしてますが・・・

皆さんご無沙汰しています!
フェイスブックではちょこちょこと投稿を繰り返してるんですが、
猫路地倶楽部への投稿はめっきり減ってしまい申しわけありませんでした。
これからは頻繁に更新して行きたいと思っています!

DSC01644その理由は、フェイスブックはその日の出来事はリアルタイムに確認できるんですが、
過去の記事をアーカイブ的に読み直そうとしてもそれが確認しづらいんです。
その点、猫路地倶楽部を中心としたホームページのブログは
カテゴリー別、年別、月別に分類されているので過去を遡りやすいんです。
お客様がそうしやすいのはもちろんのこと、
僕自身も過去をたまに確認したくなりますから
今後はなるべくブログの更新をちょっとづつでもしていこうと思っています!

DSC00289s

在庫車の情報も頻繁に更新していきますのでお楽しみに!

kirikiri酒井

おやすみ前のひとりごと。

皆さんこんにちは!ガッティーナ店長、酒井です。

おやすみ前のひとりごと

ってタイトル、寝る直前にたまにフェイスブックで使うタイトルなんだけど
正直、ネタがなくて即興で書いたりするときに使います(笑)
でも今回は《猫路地倶楽部》のネタ不足で書いてるわけじゃありませんよ!

 

実は以前からの悩みをひとりごとしたいんです。
それは…

仕入れの苦しみ

中古車屋は『良いクルマを仕入れて、それをユーザーに売って利益を出す。
それが基本的な流れです。
エンジンでいう、『良い燃料、良い火花』じゃないですが、
良いクルマを仕入れなければ、利益は生まれません。

んじゃ、ガッティーナでいう『良いクルマ』ってなに?
そうなんです。そこなんです。
今までは、コンパクトなイタリア、フランス車(それも左ハンドル)を仕入れていれば、
世間の流行にも乗っかってそこそこ売れてくれました。

変態車フェイスブック.jpgのサムネール画像

ただ今はどうでしょう?コンパクトなクルマ自体が少なくなり、
ましてや本国仕様(左ハンドルマニュアル)なんていうのは、何処のディーラーでも輸入しなくなってきました。
だからそんな中古車が生まれてこない→仕入れが出来ない。
そんな悪循環が始まってきています。

ま、左ハンマニュアル車がガッティーナの生命線と勝手にボクが思ってるだけで、
一般ユーザーからしてみれば、『ガッティーナさんが扱う車ならなんでも買うよ!
って仰ってくれるのかもしれません。
でもボクにはそんな器用なことができないんです。
自分の好きなクルマしか扱えない不器用男なんです(泣)

DSCF8877-1.jpg

左ハンマニュアル車を待ってても入ってくる見込みが無い。
何か仕入れなければ、利益が生まれない。。。

だからそんなボクでも最近は一般受けしそうな右のオートマ車や
イギリス、ドイツ車も充分な個性があるなら仕入れるようにしてきてます。
それが売れて利益を得れるならね。

17年目に入るガッティーナだけど、今が一番厳しい時期かも知れない。。。
でも頑張って乗り切っていこう!

 

ひとりごとでした。

 

キリキリ